芸術シーンでのクンの貢献

弦楽器の演奏をより快適に楽しんでもらえるように、という目標は、確かに価値ある目標です。しかし、それはクンの物語のほんの一部に過ぎません。クンがこの目標を達成することで、音楽家たちをまた別の方法でサポートすることができます。それは、奨学金の提供や、スポンサーとして資金の提供をすることです。

地元では、オタワで名高い「室内音楽祭」を、クンは長期に渡り支援してきました。クンの社長、マリーナ・クンは、この音楽祭の創設理事会メンバーでした。今でも毎年、この音楽祭での演奏会をいくつかスポンサーしており、他の多くの演奏会にも参加しています。

クンはまた、オーキッズストラというオタワのグループと、ヤング・ストリング・パフォーマーズ・オブ・オタワと、オタワ交響楽団を支援しています。また、オタワ大学の音楽学部への留学生に、例年奨学金を提供しています。

カナダ国全体への貢献として、国立青年オーケストラの理事会メンバーをマリーナ・クンは務めています。更に国外でも、パレスチナ青年オーケストラと、ベネズエラのエル・システマと、ジャマイカの国立青年オーケストラに資金の提供をしています。


ミュージックファンドdropdown arrow for displaying artists info

ミュージックファンドは、発展途上国や紛争地域にある音楽学校と提携して活動しています。

ミュージックファンド(MF)は楽器を収集、修理し、パートナーへ配布しています。MFはまた、南半球の発展途上国やヨーロッパにある提携先の音楽学校で実施される、楽器の調律、修理、管理をテーマとした良質のワークショップ、研修、訓練プログラムを企画しています。さらに、提携先の一部学校では同団体主催の修理ワークショップが設けられました。


OrKidstradropdown arrow for displaying artists info

Orkidstraとは、十分なサービスが受けられない地域で育つ子ども達に、音楽というユニバーサルな言語を通じて、チームワーク、約束、敬意、何かを達成する満足感といった人生で必要なスキルを教えることで彼らの能力を向上させる社会開発プログラムです。活動の手法としては、低収入の世帯の子どもに無料で楽器や音楽のレッスンを提供し、一緒に音楽を演奏したり歌ったりすることで、これらのスキルを発達させる機会を創出しています。

 

音楽が持つ変化の力を強く信じながら、OrKidstraは2007年に27人の子ども達と幕を開けました。今日、その数は600人を超え、5歳から18歳の、42もの言語・文化的背景をもつ子ども達が参加しています。 全ての子ども達と若者が音楽を通じて、自分たちの意見を見つけ、自分のポテンシャルを構築する機会を持つ未来を、私たちは目指しています。


YONA – システマdropdown arrow for displaying artists info

北アルバータユースオーケストラ – システマ(YONA – システマ)は、エドモントン交響楽団が提供するプログラムです。ベネズエラのエル・システマプロジェクトをモデルとするYONAは、音楽を通じた社会変革を目指し、共感、調和、互いを思いやる気持ちの大切さについて教えています。

週5日、75人の生徒が資格を持つ教師が先導する楽器のグループレッスンを無料で受けます。家族の負担はゼロで、レッスンの後はバスで家まで安全に送ってもらえます。

毎年、新たな生徒のグループが「YONAエクスプローラー」プログラムに参加します。これはプログラム、に完全に入会する前にYONAの哲学について紹介するものです。

YONAは、栄養、自由活動、学習支援、対人関係のスキルサポート、表現芸術教育に加え「クリティカル」な放課後の時間に実施される日々の音楽教育を通じて、全ての生徒に対し総合的なケアを提供する点において、放課後プログラムとしても音楽プログラムとしても、唯一無二の存在です。


エルサレム住民青年文化フォーラムdropdown arrow for displaying artists info

エルサレム住民青年文化フォーラム(JYCF)は、教育を受けたエルサレム住民の若者が立ち上げた、パレスチナ文化の保護と賞賛を目的とする団体です。

JYCFは、野心的で広範に及ぶ、少年少女を対象としたアートプログラムやアクティビティを通じて、東エルサレムに住む若者のパレスチナ人が直面する複雑な課題に対応しています。これは若いエルサレム住民にとっては、自国民の文化的伝統について学び、関与する機会となっています。イノベーションを促進し、参加者の才能や芸術的なスキルを向上させながら、喜びに満ちたコラボレーションを目指して参加者自身のキャパシティを高めます。さらに同団体は、一般向けセミナー、講義、コンサートや芸術・教育ワークショップも広く開催しています。